夜明け 夏の海 フリードでプチ車中泊

厚内海岸の夜明け

フリードといえば、車中泊を楽しむクルマとして有名ですよね。私も時折、そんな衝動に駆られるのですが、ひと晩泊まるのにいまいち踏ん切りがつかず。

それじゃあ夜中に早起きして、フリードの車窓から夜明けの海でも拝みに行くか、ということで、2019年8月、うだるような熱帯夜をぶっ飛ばしてきました。この記事は

  • 車中泊に興味があるけど、踏ん切りがつかない方
  • 泊まらなくても車中泊を楽しみたい方
  • 愛車ととも夜明けのドライブに酔いしれたい

そんな方に読んでもらいたいです。

スポンサーリンク

真夏の深夜、約66km先、小さな漁港・厚内海岸を目指して

帯広〜厚内までのGoogleマップ

こんな夜こそ、大人の隠れ家のような、誰にも邪魔されない小さな海岸へ出かけたい。厚内漁港は、北海道十勝郡浦幌町に属する、太平洋を望む小さな漁港。浦幌の市街地からも20㎞ほど離れた場所にあり、特にドライブルートにもあたらないため、昼夜通じてひっそりとした気配です。

遠い昔の話になりますが、高校生の夏、根室本線の厚内駅で下車し、海岸まで歩いてキャンプをした記憶があります。突然の夕立、暗闇のトンネルでの肝試し、潮騒と星空、そして翌朝の命を呼び覚ますような照りつける太陽・・・。そんな思い出の地を、大人になった自分がフリードで目指す。ちょうど海岸脇にパーキングエリアがありそうなので、そこで夜明けを待つことにします。

根室本線 厚内駅

出発の儀式…焚き火の音と炎に揺られて

キャンプやアウトドアの醍醐味といえば、やはり現地での焚き火。でもこの旅では、出発の儀式として焚き火を執り行うことにします。やり方は簡単。クルマに乗り込んだら、手元にスマホかiPadを用意して、おもむろにYouTubeアプリを立ち上げ“焚き火”と検索してみましょう。あとは再生ボタンをタップして“点火”するだけ。揺れる炎を眺めながら、これから駆け抜ける夜の街、そして夜明けの海に思いを馳せるに十分なプロローグが愉しめます(^^)

フリードのダッシュボードで焚き火を灯す

夜中2時のコンビニは出発の狼煙 冷たいドリンクを買う

フリードのLEDヘッドライトが白く照らすのは、深夜のセブンイレブン。眠らない物好きなドライバーのために門戸はいつも開かれています。近所の迷惑にならぬよう、静かに小さく出発の狼煙をあげて、東へと向かいます。

ロードサイド店舗で賑わう国道38号は、多少はきらびやかかと思いきや、やはり深夜とだけあって、絵にならないほど眠っている。そんなわけで、一気に現地までぶっ飛ばします(^^)

深夜のセブンイレブンに立ち寄り
幹線道路も真夜中だとひっそり

深夜3:30着 気温30℃ 生ぬるい風に吹かれながら

夜中だというのに気温30℃のフリードの車内

海岸に辿り着けば少しは蒸し暑さも引くかと思ってましたが、そうとはならないのが最近の北海道の夏です。エアコンを付けっぱなしにするのも憚られるから、ちょっとだけ窓をあけて、夏の空気を採り入れます。車外へ出てみると、ほんのわずかに、朝の気配。家から持って来た三脚を海沿いのガードレールに寄せてビデオをセッティング。夜明けの海を撮影しながら、車中泊気分で、朝を待つことにします。

波の音だけが時を刻むかのように
遠くに港の灯火が
JVCのハンディカムをセッティング

シートアレンジで脚を伸ばしたり…フリードらしさを享受する

車中泊とはいかぬものの、せめてもの真似事くらいはしてみたい。ということで

  • 助手席のヘッドレストを取り外し
  • 2列目のヘッドレストも取り外し
  • リクライニングを全開にして
  • リラックスモードで脚を伸ばす

ダイソーで買った100円のLEDランタンを引っかけて明かり取りにしたり…。そんなことを愉しんでいるうちに、いつの間にか、朝が迎えにやって来ました。

シートアレンジで脚をのばす
ヘッドレストを外して、前席・後席・3列目を接続
車中泊にも最適なLEDミニランタン
フリードと迎える海岸の朝

ということで、目的は果たせたわけですが、朝も早く、時間もたっぷりあるということで、背中に朝日を浴びながら、あの景勝地まで走ってみたいと思います。その名は「長節湖」。

その前に、これまでの経過を収めたYouTubeがありますのでぜひご覧下さい(^^)

【フリードGB3 夜を駆け抜け夜明けの海岸へ 前編】

海と湖を同時に手に入れた密かな楽園

厚内から南西へ車で30分ほどの場所に長節湖はあります。朝靄が広がる海岸線は、つい先ほど走ってきたそれとは見違える美しさ。しばらく海と並走したのち、朝日に照らされた夏草の道をくぐり抜け、再び海へと向かいます。

長節湖はけっしてメジャーな観光スポットとはいえませんが、訪れた人を釘付けにする魅力があります。原生花園に包まれた湖は、後ろを振り向くと、太平洋の砂浜が広がる絶好のロケーション。キャンプ場としても整備されており、夏休み時期はこの穴場を狙ってキャンパーもやって来ます。

厚内から長節湖への道程は、YouTubeでも後編としてアップしております。ぜひ美しい朝焼けを楽しみながらご覧くださいね。

【フリードGB3 夜を駆け抜け夜明けの海岸へ 後編】朝焼けを背に、フリード2012年式6人乗りが夏の湖を目指して疾走!!

ということで、車中泊とまではいかないものの、ミニバン・フリードの気ままな楽しみ方をご紹介してみました。

コメント